片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくて交尾漬けにしてやった

片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくて交尾漬けにしてやったのエロ漫画無料立ち読みネタバレ情報。

片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくて交尾漬けにしてやった

片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくて交尾漬けにしてやったのネタバレ無料立ち読み情報

片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくて交尾漬けにしてやったのエロ漫画無料立ち読みネタバレ情報を紹介しています。
作品はBookLive!コミック(ブッコミ)で読む事ができます。以下より無料立ち読みページへどうぞ!

>>BookLive!コミックで立ち読みしてみる

 

片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくて交尾漬けにしてやった1話ネタバレ

片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくて交尾漬けにしてやった1話ネタバレ
ここは図書室。
初夏の西日で蒸されたハードカバーの紙。
インクのにおいに混じって漂う甘い香り。

 

さぼり魔も寄り付かないような図書室のすみっこで、これっぽっちも興味がない洋書をおれが手に取るようになったのは・・・
かっこつけでも勉強に目覚めたわけでもなく、彼女がそこにいるからだった。

 

夏咲みなみ。
一年のときからずっと同じクラス。ずっと気になっている
でも言葉をかわした機会は、せいぜい人並み。

 

近くも遠くもない優等生のクラスメート。
そんな夏咲が大勢の友達の輪を離れて、一人の時間をすごすのが・・・放課後の図書室だった。

 

彼女は優等生。優等生の恋人といえば、本しかない。図書室にこもっている夏咲の笑顔は特別。俺だけがそれを知っている。

 

いつか、あの表情を、俺の前でも・・・なんて・・・

 

「みなみ!!」
突然、声がした。
「ん?」
したの名前で呼ぶなんて、どいつだ。
・ ・・と思ったら、担任の結城だ。

 

「もう、先生ってば~~家の外では、苗字で呼ぶ約束ですよ!」

彼女がにこやかに答えている。

「ああ、すまない。でもいいじゃないか。どうせだれもいないんだから」

家?苗字?なんの話だ!?

 

 

「でもだれか残っているかもしれませんし・・・」
「そうだね、じゃ、ちょっとだけ・・・」

 

えーーー!
俺は目を疑った。

「みなみ・・・」
担任の結城が、夏咲とキスをしていたのだ。

 

 

唇をはなすと、結城が誤っていた。

「・・・ごめん、いきなりだったね」
「いえ・・・わたしもちょっと我慢していたので・・・続きは家に帰ってからですね」

 

 

が、我慢!?
続き・・・?

 

二人は指輪を見せ合っている。

「早く堂々と言えるようになりたいよ。君がわたしの奥さんだって」
「わたしもです」
「でも卒業まで、あと少しですから・・・」

 

俺は信じられなかった。
なんだよ、それ・・・

俺は密会をこっそり撮ってやった。そして翌日の放課後、校舎裏に夏咲を呼びつけた。写真で、脅す。

 

「ばらされたくなかったら、言うことを聞け」

彼女は裸になった。俺は彼女にフェラさせた。
こんないいオンナをあいつが毎晩好きにしているなんて・・・

許せない!

 

詳しくはBookLive!コミックでどうぞ!

>>BookLive!コミック

 

片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくて交尾漬けにしてやった2話ネタバレ

片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくて交尾漬けにしてやった2話ネタバレ

翌日、俺は昼休みに夏咲を追って、図書室を訪れた。
今度はこっそり、隠れるのではなく。堂々と・・・

 

「あ・・・こないでください。あなたとは、お話したくありません」
彼女はおびえている。

 

「先生にもカンケイある話なんだけど」
「せ、先生にも・・・?」

 

「気になるだろ?今日、体育が終わったら、倉庫で待ってなよ」

 

こっちも今日はちゃんと大事なものを準備してきたからさ。
俺はそう内心でつぶやいた。

そして放課後。

「まっくら・・・まだ、夕方なのに・・・まだ、来てないですか・・・・?」
「ここにいるよ」

 

 

俺はしずかに返事をした。そして俺はすぐに彼女を押し倒した。

「えっ、なんで??だってこの前、写真は消してくれるって・・・」
「うん、写真は消したよ。でも言いふらすことはできるし、動画だってあるし」

 

 

われながら卑怯な手を使っている。
「今日はゴムしてきたから、大丈夫だよ!」
「だ、だめーーー」

 

「じゃあ、ばらしてもいいの?」
「そんな・・・待って!!!だめです、それだけは・・・」

彼女の返事を聞いたとたん、俺は挿入した。そのとき、アレ?と思った。

 

 

「もしかして、おまえ・・・」

結城先生と、ヤったこと、ない?マジ??夏咲の処女を俺が・・・?

 

 

「はあはあ・・・」
「知ってたらやさしくしてやったのに・・・まあはじめて同士、一緒に気持ちよくなろうな」
「夏咲の中、きつきつだ・・・」

 

 

ソコはあまりにも気持ちよくて・・・・俺はすぐに出した。

「はあはあ・・・」

 

あらい息をつきながら、もう終わりだといわんばかりの彼女に。俺はまた大きくなったアソコを見せた。

「まだまだ、おさまらないんだ。もう少し遊んでくれ」

そして何度も何度も、ゴムを使って・・・ついにゴムがつきてしまった。

 

「いやだ・・・」
「もう大丈夫だよ」
俺は生で入れる。

「だめ・・・」

 

嫌がる彼女を無視して、直接出す。彼女のはじめては、確実に俺が奪った。
彼女は、もう、結城みなみでも、夏咲みなみでもなく、俺のみなみだ・・・!

 

詳しくはBookLive!コミックでどうぞ!

>>BookLive!コミック

 

 

片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくて交尾漬けにしてやったを読んだ感想

これは・・・もちろん、この主人公は悪いですよ?
ひとの弱みを握って、それを脅しにして、女の子に暴行を働くとか、ぜったいにやってはいけないことです!

でも・・・わたしが思うのは・・・
やっぱり担任の先生がやばくない?なに生徒と結婚してんの?
はあ??ってカンジ。

 

どう考えたって、女の子、かわいそうすぎるでしょ。
しかも家でもいちゃいちゃ、図書室でもいちゃいちゃ・・・なのか!?

でも、処女だったのか?
ってことはこの先生の目的はなんだ?

 

いろいろ不透明なところがたくさんありながらも、テンポよく進んでいくお話なので、とってもおもしろいです(#^.^#)
この彼女は、本当に先生のことが好きそうだけど・・・

まったくもう、ほんとに、このオンナのことも、ナゾです!

 

よく分からないけど、とにかくおもしろい。
ハラハラドキドキしちゃうこと、間違いなしです!

ドキドキっていうのはもちろん、ムラムラみたいな意味も含んでまーすw
ちょっとエッチな気分になりたいときにも、めっちゃくちゃおすすめですよ!

 

詳しくはBookLive!コミックでどうぞ!

>>BookLive!コミック

片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくて交尾漬けにしてやったを読んだ感想

投稿日:

カテゴリー

  • カテゴリーなし

新しい記事はありません